『夢日本』日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 強すぎる官邸の弊害?

<<   作成日時 : 2017/05/25 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

森友学園問題に続く、加計学園問題! 残念です!

日本の最近の政治状況! ちょっと変です。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000095-asahi-pol

責任の一端は、あまりにも情けない野党状況もありますが、今の政治状況は国民の選択の結果でもあるだけに、本当に残念です。また、今の日本は、北朝鮮をはじめとする安保、政治、経済などの重要、かつ喫緊の課題が一杯だけに、このようなことで躓いてほしくない! まさに、日本の危機です。


しかし、先の森友学園問題への役人と官房長官のあまりにも国民目線とかけ離れた答弁。続いて加計学園問題での同様な「大人には聞くに堪えない」幼稚な答弁。これでは、「説明責任を果たさない、いい加減な政府」というレッテルが張られても仕方がない状況です。

はたして、こんな説明で、国民が今後も今の政権を支持し続けると甘く考えているのでしょうか?

共産国家や独裁国の悪い面=絶対権力者と取り巻き状況=をまねして欲しくない!

私は、「決断できる総理」、「リーダーシップを発揮できる総理」、「日本を世界に発信できる総理」を喜び、支持してきましたが、今の官房長官には、かつての中曽根総理時代の官房長官とは大きな差を感じ、残念に思います。

都合が悪くなると、「相手の悪い情報で真実を覆い隠す」! またも女性問題! いつまでも、このような幼稚な手段が有効と考える準リーダーには残念です。

かつての毎日新聞の「西山記者」の経緯が思い出されます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://www.huffingtonpost.jp/2013/11/15/nishiyama-takichi_n_4279934.html

しかし、全く次元の違う話で、すべてをうやむやにしようとする国の実力者の答弁には国民として、悲しい思いです。いつまでも国民、有権者は幼稚でお人好しと甘く見ないで欲しいと思います。もう少し、しっかりした、大人がな得できる対応をして欲しいと願います。

これでは、都議選も一層厳しくなるように思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
強すぎる官邸の弊害? 『夢日本』日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる